GoPro

【Taisioner 保護フレーム レビュー】GoProにおすすめ。Taisioner製保護フレームを試す。

こんにちは。GoPro大好きヨッシーです。

今回はGoProを保護し、様々なアクセサリを活用するうえで欠かせない純正の「ザ・フレーム」に代わる保護フレームを紹介したいと思います。

ヨッシー
ヨッシー

「ザ・フレーム」はさすが純正で作りも丁寧なのだけど、着けたまま充電やMicroSDの差し替えができない点が多少、不便です…

そこで紹介するのがTaisioner製の「保護フレーム+シリコンレンズカバー 第二世代」という商品です。こちらはAmazonでも人気のあるサードパーティー製のアイテムになります。

Taisioner 保護フレーム+シリコンレンズカバー 第二世代

外観

外箱
内容物
【背面】左:Taisioner 右:純正「ザ・フレーム」
【右側面】 左:Taisioner 右:純正「ザ・フレーム」

右側面に関しては純正の方がしっかりとした作りでカバー自体が電源にアクセスできるつくりになっています。一方、Taisioner製は電源ボタン付近に大きなくり抜きがあるだけです。

【左側面】 左:Taisioner 右:純正「ザ・フレーム」

ここがポイントで右の純正に対し、左のTaisioner製は大きく窓が開いていて、下の写真のようにMicroSDが入っているカバーを開けることができます。

ヨッシー
ヨッシー

フレームの取り外しをしないまま、カバーをあけることができます。

フレームをつけたままでカバーを開けられることによって使用しながらモバイルバッテリーやジンバルからの給電が可能となり、バッテリー問題から解放されます。これは通常1時間程度しかバッテリーがもたないGoProを運用していく上でかなり大きなポイントとなります。

ヨッシー
ヨッシー

気をつけて欲しい点として、カバーを開けっぱなしにしているという事により防水ではなくなります。間違って水に浸けないようにしましょう。

そしてMicroSDの差し替えがフレームを外さずに行えるようになります。高画質で保存するほど容量は大きくなり、時にはMicroSDの差し替えも必要となるかもしれません。その時にフレームを外す手間がないのは便利です。

ちなみにレンズカバーもついています。
GoProにつけるとこんな感じになります。

まとめ

非常に満足度の高いGoProですが、残念な点として、純正アクセサリーが高かったり、微妙に使い勝手が悪かったりする点が挙げられます。

むしろなぜ、純正はこのようにフレームをつけたまま、カバーにアクセスできるような作りにしなかったのか不思議に思います。

というわけでGoProを購入した方は、本日紹介したTaisionerの保護フレームの購入をオススメします。GoProがより一層便利に運用できますよ!

以上、ヨッシーでした。

PAPA-TO-KO
PAPA-TO-KO