Bluetoothスピーカー

【BOSE Soundlink Mini II Special Edition レビュー】BOSEの定番Bluetoothスピーカー。旧機種との違いはバッテリー強化とUSB-C対応

皆さん、こんにちは。ヨッシー(@papatoko1)です。

今日はBOSEのBluetoothスピーカーのお話。

スマートフォンで音楽ストリーミング配信サービスを利用して音楽を聴くようになり、もはや当たり前の存在となったBluetoothスピーカー

安いものから高いものまでピンキリと言えますが、どうせならこだわって音質の良いものを使いたいところ。

中でも「BOSE」のSoundlink Mini IIというBluetoothスピーカーはコンパクトながらしっかりとした音作りで満足度は高いです。

この度、人気のSoundlink Mini IIがアップデートされて『BOSE SOUNDLINK MINI II Special Edition』として再登場しました。

それでは改良点なども合わせて確認していきたいと思います。

↓ タップして読みたい項目へジャンプ ↓

Soundlink Mini の歴史

SoundLink Mini Bluetooth speaker(2013年)

2013年にBOSEが発売した「SoundLink Mini Bluetooth speaker」は、音質・機能・デザインの3つが揃ったBluetoothスピーカーとして非常に人気を博しました。

今ほどBluetoothスピーカーが定着していない時代に『有線接続ではないのに高音質』は非常に感動した記憶があります。

充電ポートは専用のACアダプタで、連続再生は7時間のモデルでした。

外観はほぼ現行と変わりませんが、外部入力ボタン「AUX」が個別で用意されているのが特徴です。

充電専用のクレードルも同梱されていました。

SoundLink Mini II(2015年)

大人気だった初代機に改良を加えたモデルです。

バッテリーでの駆動は10時間

充電ポートがMicroUSBになり、充電用のケーブルが専用のものを持ち歩かなくても良くなりました。

こちらも専用の充電クレードルが付属しています。

Soundlink Mini II Special Edition(2019年)

先代のSoundLink Mini IIをベースに充電ポートなどをアップデートした現行モデルです。

大きな変更として挙げられるのが『MicroUSB→USB-Cへの充電ポートの変更』です。

そしてバッテリーも20%強化され、12時間の連続再生となりました。

一つ残念な点として、クレードル(充電台)が付属しない事が挙げられます。

ヨッシー
ヨッシー

置くだけで充電できて便利だったけれど、付属しない事になりました。

旧モデルのクレードルが使えるのかは後ほど、検証したいと思います。

Soundlink Mini II Special Edition 概要

外観

外箱は最近のBOSEらしいシンプルかつ高級感のあるデザイン。

上段が旧機種「Soundlink Mini II 」、下段が現行の「Soundlink Mini II Special Edition」です。

デザインも変わり、クレードルが含まれていない分、外箱もコンパクトです。

正面

充電ポートはUSB-Cに変更されています。

底面も変更はありません。クレードルとの接点もあります。

カラー

ラックスシルバートリプルブラックの2色展開となります。

サイズ・重量

外形寸法/質量

  • スピーカー:18 cm(W) x 5.1 cm(H) x 5.8 cm(D) (0.68 kg)

入出力

  • φ3.5 mm外部入力端子
  • USB-Cポート

その他の仕様

  • ワイヤレス通信距離: 最大9 m
  • 連続12時間再生

同梱物

  • USB-C – USB-Aケーブル
  • マニュアル類

機能・特徴

BOSEの音作り

デュアルパッシブラジエーター』と『高性能トランスデューサー』を導入することで、小型化、振動を抑えた深みのある重低音、そしてパワフルなサウンドを実現しています。

音声によるガイダンス

日本語設定にすると日本語で「〇〇と接続しました」などと、お話してくれます。

ヨッシー
ヨッシー

結構、カタコトだけど…慣れるとそこがかわいいかも。

外部入力端子(AUX)

Bluetooth接続だけではなく外部入力端子を備えています。有線接続にも対応しているため、様々な機器と接続して音楽を楽しむことができます。

8台分のBluetooth接続

8台分までBluetoothの接続設定を記憶してくれます。

そのため、スピーカー本体の電源を入れると自動的に1度接続設定を済ませた端末を見つけてBluetooth接続をしてくれます。

ヨッシー
ヨッシー

便利で簡単!

Bluetooth接続中の通話やアシスタントの起動も可能

本体にマイクが内蔵されているので、Bluetooth接続中にかかってきた電話も「Soundlink Mini II Special Edition」のスピーカーを通して受けることができます。

また手元にスマートフォンが手元にない時でも、マルチファンクションボタンを長押しすることでスマートフォンの音声アシスタント機能「Siri」や「Googleアシスタント」を呼び出すことが可能です。

Wi-Fi非対応、音質調整は不可

単純なBluetoothスピーカーなので、Wi-Fiに非対応です。

そのためWi-Fi接続のAirPlayなどには対応していません

そのためBOSEの公式アプリ「Bose Music」にも対応しておらず、低音や高音の調整もできません

でも調整なしでもバランスもいいし、とても良い音だね!

オクサン
オクサン
【Bose Portable Home Speaker レビュー】機能充実で音質も良いスマートスピーカー 僕はスマートスピーカーが大好きで、我が家にはAlexa対応のスピーカーが複数あります。各部屋に設置しており、音楽を聞いたり、家電を...

旧モデルとの違い

外観は充電ポート以外は変更はありません。

操作ボタンも変更ありません。

旧モデルとの機能の違いは主に以下の3点です。

①充電ポートがUSB-Cに変更

②バッテリーが20%増量(連続12時間再生)

③充電クレードルの廃止

①についてはMicroUSBからUSB-Cに充電ポートがアップデートされたことにより、充電自体も急速に行えるようになりました。

左が旧機種「Soundlink Mini II 」、右が現行の「Soundlink Mini II Special Edition」です。

②についてはキャンプやBBQで使う際に、充電が長く持つというのは非常に嬉しいことです。

ヨッシー
ヨッシー

12時間も持つので1泊のキャンプでも充電要らず!

③については少し残念なのですが、置くだけで充電できるクレードルが同梱しない仕様になりました。

【BOSE HOME SPEAKER 300 レビュー】高い音質を誇るAlexa/Googleアシスタント両対応のスマートスピーカー 皆さん、こんにちは。スマートスピーカー大好きなヨッシーです。 我が家にはAmazonのEchoシリーズが4台あり、全ての部屋で音...

音質

基本的は旧機種のSoundLink Mini IIと同じで、音質についてはこのサイズのBluetoothスピーカーとしては別格と言えます。

BOSEの音作りの良さをしっかりと持ち、心地よい低音をしっかりと鳴らしてくれます。

高音はもう少し輪郭がはっきりしているといいな、と個人的には思いますが、全体としてはかなりバランスが良いと思います。

このコンパクトさで持ち運びができるバッテリー駆動のスピーカーとしてはかなり高評価。

むしろ僕はサイズと音質のバランスとしては、これ以外の選択肢は考えられないと思います。

旧モデルのクレードルは使用可能なのか?

結論としては『可能』でした。

左側のオレンジランプが点滅し、「充電中」を示しています。

ただ、クレードルは旧機種のものなのでMicroUSBで給電しています。

そのため、せっかくのUSB-Cへのアップデートの恩恵を受けられず、充電の速度は旧機種と同様と思われます。

はじめはクレードルが付属しなくなったことが気になっていましたが、充電速度も上がり、抜き挿ししやすいのでBOSEがクレードルをつけなかったことに納得がいくようになりました。

ヨッシー
ヨッシー

USB-Cは面裏がなく、挿しやすいのでクレードルはなくていいかも!

ちなみに旧機種用の純正シリコンカバーも問題なく使用できました。

【Bose Frames Alto/Rondo レビュー】Boseの最新スピーカーはサングラスから音楽が聞こえる、まさに新感覚の体験 みなさん、こんにちは。ヨッシーです。 本日はBoseから発売されたサングラス型ウェアラブル端末「Frames Alto/Rond...

まとめ

今日は「【BOSE Soundlink Mini II Special Edition レビュー】BOSEの定番Bluetoothスピーカー。旧機種との違いはバッテリー強化とUSB-C対応」について書いてきました。

BOSE Soundlink Mini II Special Editionは旧機種であるBOSE Soundlink Mini IIのマイナーアップデートモデルと言えます。

そもそも基本的な性能が間違いない機種なので、バッテリーの容量がアップし、充電回りがUSB-Cになったことでより使いやすいモデルとなりました。

安くてそれなりのBluetoothスピーカーは数あれど、良い音で長く愛用できるこのスピーカーは約20,000円の価値があると思います。

このサイズのBluetoothスピーカーとしては間違いなく最高の選択肢です。

以上、ヨッシーでした。

【soranome(ソラノメ) レビュー】子ども用の携帯より低コスト。子供に持たせたい、おすすめのみまもりGPS端末『soranome』 今日はパパやママのスマートフォンで、子どもの居場所などを知ることができるGPS端末を使った見守りサービスのお話。 乳幼児の子...
PAPA-TO-KO
PAPA-TO-KO