iPhone

【iPhone SE (第2世代)比較&レビュー】低価格、高性能、好サイズの新型iPhoneはSIMフリーモデルがお得

皆さん、こんにちは。ヨッシー(@papatoko1)です。

先日、発売されたAppleの「iPhone SE(第2世代)」。フラッグシップモデルのiPhone 11 Proよりも小さいながら、性能は高いと評判ですが、そんなiPhoneSEを購入しました。

我が家は夫婦共にiPhone 11 Proユーザーです。今年はまだ買い替えは検討していません。

そんな中、僕の母から「らくらくスマホ」の具合が良くないと連絡がありました。

どうやらアプリなどのデータでメモリがいっぱいらしく、数分間のうちに何度もお知らせが表示されます。

ヨッシー
ヨッシー

これは…もう無理だ。

そもそもメモリが多くないので、もはや限界と判断。色々と検討した結果、値段も手ごろなiPhone SE(第2世代)を購入することになりました。

購入したのはAppleStoreでホワイト128GBのSIMフリーモデル。さっそく見ていきましょう!

【iPhone 11 Pro レビュー】待望の新モデル、外観や機能、トリプルカメラについて こんにちは、ヨッシーです。 先日、発売された「iPhone 11 Pro」ですが我が家には、ミッドナイトグリーンとゴールドの2台...
iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

iPhone SE(第2世代)の同梱物・外観

まずはiPhone SE(第2世代)の同梱物・外観についてみていきましょう。

同梱物

外箱
今回の外箱は8までと同じく液晶面が表示されています。
蓋を開けると8までと同じくテキスト系が全面に置かれています。
さらに下には本体が入っています。
本体の下にはEarPodsや充電のアダプタ
同梱物

iPhone SE(第2世代)はiPhone8をベースにしているので付属のケーブルとアダプタはUSB-Aとなっています。フラッグシップモデルのiPhone 11 Proとは異なり、高速充電用のアダプタは付属していませんが、対応はしており、別途、対応アダプタを用意すれば高速充電も可能です。

充電アダプタもiPhone8までと同様です。
ケーブルもLightning to USB-Aです。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 11には今までどおりのUSBアダプタが付属。

iPhone 11 ProのみUSB-C対応アダプタが付属しており、急速充電が可能。

iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

外観

では外観について見ていきましょう。

ホワイト、ブラック、REDの3色からホワイトを選びました。

背面:ガラス製できれいな仕上げです。
電源ボタンとSIMトレイ
ボリュームボタンとミュートスイッチ
充電用Lightningポート
カメラ部分は本体からわずかに飛び出しています。

カメラを保護するためにはケースの着用が必須といえるデザインです。

iPhone8をベースにしているので側面はアルミ製です。ステンレススチール製のiPhone 11 Proと比較すると高級感はありませんが、かわいらしいホワイトのカラーリングとガラス製の艶のある背面との組み合わせは、よりポップで気軽に扱える印象です。

iPhone SE(第2世代)は背面がすりガラス風のiPhone 11 Proと比較して、艶がありかわいらしい雰囲気です。

ホワイトではそこまで気になりませんが、ブラックだと指紋が気になるかも知れません。

iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

iPhone SEとその他iPhoneとの比較

サイズ比較

では、本体のサイズや重量を比較してみましょう。

 11 Pro11SE(第2世代)
ディスプレイ5.8インチ有機EL
(Super Retina XDR)
6.1インチ液晶
(Liquid Retina HD)
4.7インチ液晶
(Retina HD)
解像度2436×11251792×8281334×750
サイズ71.4×144.0×8.1mm75.7×150.9×8.3
mm
67.3×138.4×7.3mm
重さ188g194g148g

ホームボタン=Touch IDのあるiPhone SE(第2世代)とホームボタンのないiPhone 11 Proは液晶サイズにも違いがあります。

以前、iPhone7を使っており、その後iPhone 11 Proに機種変更をした僕は当時のサイズアップに最初は少し戸惑いましたが、すぐに慣れました。

しかし、改めてiPhone7と同サイズのiPhone SE(第2世代)を手に持つと、非常にしっくりときます。

やっぱり、操作しやすい。ちょうどいい。

オクサン
オクサン

男性としては手の小さい僕の感覚なので一概には言えませんが、での小さな人にはかなりしっくりくるサイズ感だと思います。

iPhone 11やiPhone 11 Proと比較すると非常に使いやすいサイズです。

ディスプレイ比較

iPhone SE(第2世代) は4.7インチ液晶ディスプレイを搭載しています。iPhone 11 Proは5.8インチ有機ELディスプレイが採用されているので、見え方や質感はモデル選択の大きなポイントになると思います。

iPhone SE(第2世代)は持ちやすい反面、下の写真のiPhone7と同サイズの液晶なので、表示領域は狭くなります。

iPhone 11 Proの方が1画面で表示できる領域が広いです。

11 Proの有機ELディスプレイは非常に発色が良いので、SE(第2世代)の液晶ディスプレイは若干、鮮やかさに欠けるように見えてしまいますが、実際はSE(第2世代)もなかなかきれいです。

このようにディスプレイの違いとカメラ性能の違いがSE(第2世代)と11 Proの大きな違いになります。

ちなみに僕は液晶の保護フィルムはガイド用フレーム付きのものが簡単にまっすぐ貼れておすすめです。

【Spigen AlignMaster レビュー】失敗しない!iPhone 11 Pro/XS/X用ガラスフィルムは2枚セットでガイド枠付き。 みなさん、こんにちは。ヨッシーです。 今日はiPhone 11 Pro用のディスプレイ保護フィルム、SpigenのAlignMa...
iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

Face ID とTouch IDの比較

iPhone 11 ProやiPhone 11はFace ID搭載です。一方、SE(第2世代)はTouch ID搭載となります。

Touch ID

①Touch IDはホームボタンを押さえてからロック解除までのスピードはFace IDと同等に早いです。

②ApplePay使用時などは指先をホームボタンまで持っていき、指紋を読み取らせるため、多少時間がかかります。

③風呂上がりや指が濡れているときは指紋認証が発動しません。

④マスクをしていても大丈夫。でも手袋はNG。

Face ID

①Face IDの認識は早く、素早くロックを解除することができます。ただ、ロック解除だけでみると指紋認証であるTouch IDも速さでは同等に感じます。

②パスワードの呼び出しやApplePay使用時では指をホームボタンに移動して重ねる手間がなくなり、画面を見るだけなので格段にスピードアップ。Face IDのメリットを感じます。

③iPhoneの斜め下からなど角度によってはカメラが遠く、Face IDが発動しない。

④マスク着用時、Face IDは機能せず、手動でのパスワード入力が必要です。ただ、手袋をしていても問題ないのは嬉しいです。

このようにみると双方メリットとデメリットがあるように感じます。

Face IDも良いですが、どちらも使用したことがある僕としては「今」はTouch IDがオススメです。

新型コロナウイルス対策でマスクの着用機会が増え、正直、Face IDでロック解除できないことが当たり前のようになっています。

そしてTouch IDの場合、コンビニの支払いでApplePayで支払おうとすると、マスクを外して画面を見ながらサイドボタンをダブルクリックしなければなりません。

ヨッシー
ヨッシー

これ、かなり面倒です。

そのような点から今はTouch ID搭載のiPhone SE(第2世代)が非常に便利です。

A13チップ搭載で廉価なのに高性能

iPhone SE(第2世代)のウリは「見た目はiPhone8、中身はiPhone11や11 Proと同じA13 Bionicチップ搭載、それなのに安い」ということです。

iPhone 11 Proが搭載するCPUはA13というものを採用しています。

ヨッシー
ヨッシー

iPhone SE(第2世代)もA13です。

CPUとは人間でいう脳の役割を果たすので、この部分が最新で高性能であると、さまざまな処理の速度が増したり、省エネで仕事をしたりするのでバッテリーの持ちが良くなったりします。

最速のCPUスマートフォンの中で最速
CPUの2つの高性能コアは最大20%速く、消費電力は最大30%少なく。4つの高効率コアは最大20%速く、消費電力は最大40%少なく。

Apple.com

実際にはCPUが同じでもメインメモリが11や11 Proの方が優れており、その点では差があるのですが、実際の処理性能としては日常使用でそこまで大きな差は感じられませんでした。

5万円を切る価格設定でここまでの性能であるということは、かなりコストパフォーマンスに優れています。

バッテリー性能

Appleは公式にはバッテリーの正確な容量を公開していません。しかし、CPUやディスプレイの省電力化で、バッテリーの持ちがさらに良くなっています。

歴代iPhoneのバッテリー性能

iPhone SE(第2世代):ビデオ再生13時間

iPhone7:ビデオ再生13時間

iPhone8/8Plus:ビデオ再生13時間/14時間

iPhoneX:ビデオ再生13時間

iPhoneXR:ビデオ再生16時間

iPhoneXS/XS Max:ビデオ再生14時間/15時間

iPhone11:ビデオ再生17時間

iPhone11Pro/Pro Max:ビデオ再生18時間/20時間

このようにSE(第2世代)は本体のサイズが小さいことで、内蔵のバッテリーも小さくなっているようです。

高速充電

iPhone SE(第2世代)は高速充電に対応しています。

ただiPhone 11 Proには標準で付属していた「高速充電用のアダプタ」は付属していないので別途18W以上の出力のアダプタを用意する必要があります。

高速充電に対応したアダプタを使用すると、50%のバッテリーを約30分で充電してくれます。

Qi(チー)ワイヤレス充電

ワイヤレス充電の規格の一つであるQi(チー)に対応しています。

こちらも購入時には付属していませんが、別途、Qi対応の充電器を購入するとケーブルを繋げなくても、充電器の上に置くだけで充電をしてくれます。

ヨッシー
ヨッシー

Qi充電器は1000円〜3000円程度のものが多いです。Belkin BOOST UP ワイヤレス充電パッドです。

ほんの一手間ですが、あると非常に便利です。

【Belkin BOOST↑UP ワイヤレス充電パッド 10W レビュー】Qi(チー)規格でワイヤレス高速充電。嬉しいアダプタ同梱ですぐ使える。 みなさん、こんにちは。ヨッシーです。 最近、スマホ関連で「Qi」という言葉をよく目にするようになったと思います。これはワイヤレス...

防水性能

3年前、IPhone7から導入された防水機能も年々強化されています。

歴代iPhoneの防水・防塵性能

iPhone SE(第2世代):IP67等級(水深1mで30分)

iPhone7:IP67等級(水深1mで30分)

iPhone8/8Plus:IP67等級(水深1mで30分)

iPhoneX:IP67等級(水深1mで30分)

iPhoneXR:IP67等級(水深1mで30分)

iPhoneXS/XS Max:IP68等級(水深2mで30分)

iPhone11:IP68等級(水深2mで30分)

iPhone11Pro/Pro Max:IP68等級(水深4mで30分)

このようにiPhone SE(第2世代)は水深1mに30分沈めても耐えられる性能があります。

防水機能は今や必須。海や川でも水没の心配なく撮影できるね。

オクサン
オクサン
ヨッシー
ヨッシー

僕はお風呂でスマホが気分転換の時間です。

お風呂でスマホを使用するときは、絶対に充電しながらは使用しないでください。感電の恐れがあります。

iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

1,200万画素シングルカメラ

iPhone SE(第2世代)が低価格で販売できる大きなポイントが「カメラ機能の割り切り」です。

f値1.8広角カメラ

タピオカカメラと呼ばれる広角・超広角・望遠のトリプルカメラを搭載しているiPhone 11 Proに対し、iPhone SE(第2世代)は広角のシングルカメラのみとなっています。

画素数は共に、1,200万画素と同等です。

インカメラ(内側のカメラ)はフラッグシップモデルのiPhone 11 Proの1,200万画素に対してiPhone SE(第2世代)は700万画素となっています。

ナイトモードは非搭載

iPhone 11 ProやiPhone 11との大きな違いは暗い場所で撮影する時に自動的にシャッタースピードを調整し、明るい写真を撮ってくれる、ナイトモードを搭載していない、という点です。

ナイトモード:ON
ナイトモード:OFF

このようにiPhone 11 Proでは手振れを抑えた明るい夜間撮影が行えますが、iPhone SE(第2世代)ではナイトモードがないため、夜間撮影では少し性能が劣ります

とは言いつつも、カメラ性能も日中の撮影においては絵づくりとしては遜色ないので、カメラに高性能を求めない人にとっては十分な性能を持っています。

iPhone SE(第2世代)
created by Rinker

まとめ

今日は「【iPhone SE (第2世代)比較&レビュー】低価格、高性能、好サイズの新型iPhoneはSIMフリーモデルがお得」を書いてきました。

iPhone SE(第2世代)はiPhone8をベースにA13チップを積んだ、コンパクトで高性能なiPhoneです。

もちろんフラッグシップモデルであるiPhone 11 Proと比較すれば、劣る点も多少あります。

しかし、4.7インチ液晶のサイズ感は女性でも片手で扱いやすく、大型が進むiPhoneの中でも異彩を放ちます。

マスクを着用する生活の中では指紋でロック解除ができるTouch IDは非常に便利で、際注目を集めています。

「廉価版」と言ってしまうにはあまりに多くのメリットがあり、iPhone 11やiPhone 11 Proと同等に並ぶ、選択肢の一つといえる完成度です。

以上、ヨッシーでした。

iPhone SE(第2世代)
created by Rinker
PAPA-TO-KO
PAPA-TO-KO