イヤホン

【Bose QuietComfort Earbuds レビュー】BOSE初のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン

皆さん、こんにちは。ヨッシー(@papatoko1)です。

数年前にAppleが「AirPods」を発売してから、もはや当たり前の存在となった完全ワイヤレスイヤホン

その後、様々なメーカーがワイヤレスイヤホンを発売し、音質や電池持ち、機能も向上してきました。

最近では周辺の雑音を機械的に打ち消してくれるノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンが多く出されています。

そして、ついに音響メーカーのBOSEからノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンが発売されました。

これまで人気だったノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンは2種。AppleのAirPods ProとSONYのWF-1000XM3です。

どちらもかなり完成度の高い製品でしたが、有名な音響メーカーであるBOSEが発売するということで、かなり期待の声が高まっていました。

今回、予約開始初日に予約しましたが、あまりの人気でいきなりの4週間以上待ち。1ヶ月以上待って、やっと手元に届きました。

早速、見ていきましょう!

Bose QuietComfort Earbuds 概要

『Bose QuietComfort Earbuds』はBOSEが新たに発売したワイヤレスイヤホン。BOSEならではの高音質とノイズキャンセリング機能の高さが特徴です。

外観

外箱はいつものBOSEデザイン。

箱を開けると…

充電用ケースに入った『Bose QuietComfort Earbuds』が現れます。

充電ケースのサイズは比較的大きめです。

アウターのポケットに入れるには少し大きいかな…と感じます。

初代のAirPodsやBeats Proのケースと並べるとこのような感じ。

ヨッシー
ヨッシー
持ち運びという点ではAirPodsの方が気軽ではあります。

中にはイヤホン本体が入っており、マグネットでしっかりと固定されます。

イヤホン自体も少し大きめ。

充電用の接点はありますが、物理ボタンはありません。

本体は汗や水に強いIPX4の防滴仕様となっており、運動中の汗や雨なども気にせずに使えます。

同梱物

Photo:BOSE

イヤーピースはスモール(1番)からラージ(3番)までのの3種類が付属。購入時にはミディアム(2番)がセットされています。

充電用のケーブルはUSB-C to USB-Aです。

マニュアル類は必要最低限。

設定はマニュアルよりも専用のアプリ『BOSE MUSIC』に従うだけなのでマニュアルの必要性はあまり高くありませんでした。

音質

ノイズキャンセリング機能が高いと評判だったAirPods Proですが、その音質には多少不満がありました。そのため『Bose QuietComfort Earbuds』にはBOSEらしい高音質を求める声が多かったのです。

音質は発売前からの期待を裏切らない仕上がりとなっていました。

そして、この『Bose QuietComfort Earbuds』は、発売前からの期待を裏切らない高音質に仕上がっています。

高音も綺麗に聞こえ、低音もしっかりと響くバランスの良いチューニングです。

BOSEって重低音強すぎるイメージ…?
オクサン
オクサン

ヨッシー
ヨッシー
最近のBOSEはそんな事ないんだよ!

もちろんしっかりと低音が響きますが、ぼわぁっとこもった低音ではなく、キレの良い心地よい低音になっています。

この後、お話するノイズキャンセリング機能と相まって、他のイヤホンで聞き取れなかった音や表現に気づくこともありました。

期待通りのバランスの良い表現力を持ったイヤホンです。

そして音量に合わせて最適化されるアクティブEQテクノロジーを搭載しており、自動的に低音と高音を調整します。音量を変えたときにも、音楽、ビデオ、人の声などが常にバランスが取れた状態で聞こえます。 

ただ一点、残念だったのはせっかく「BOSE MUSIC」アプリで操作できるのに、エコライザー機能がなく音質調整が全くできないことでした。

最近のBOSE製品はアプリから高音や低音など自分好みにカスタマイズできるものが多いのですが、この『Bose QuietComfort Earbuds』にはこの機能は実装されていませんでした。

ノイズキャンセリング機能

音質とともにもう一つ期待が高かったのが周囲の音を機械的に消してくれるノイズキャンセリング機能

結果として、こちらも期待通りかなりの高性能でした。

AirPods Proはかなりノイズキャンセリングが効いていると評判でしたが、僕の体感では同等、もしくは少し『Bose QuietComfort Earbuds』の方がノイズキャンセリングの効きが良いと感じました。

音楽を流さずに、耳栓のように耳につけてみても周りの音が「サーッ」と消えていきます。自宅ではテレビなどの音も遠くの方でひそひそ話し声が聞こえる程度になってしまいます。

実際に音楽を流してみると、周りの音は全く聞こえなくなりました。

この感動をオクサンに伝えたくて…

ヨッシー
ヨッシー
ねえ、ママ!これ凄いから、着けてみて!

確かに凄いけど…周りの音聞こえなさすぎて危なくない?
オクサン
オクサン

ヨッシー
ヨッシー
え…

もちろんそんな意見が聞こえてきてもおかしくないほどのノイズキャンセリングの効き。でも安心してください。

専用アプリの『BOSE MUSIC』からノイズキャンセリングの効きを10段階で調整することができます。

バッテリー性能

公式HPにはバッテリー性能について以下のように書かれています。

・バッテリー持続時間: 最大6時間
・イヤホンのバッテリー充電時間: 約2時間
・充電ケースのバッテリー充電時間: 約3時間
・クイック充電時間: 15分の充電で約2時間使用可能
・バッテリー充電方法: USB-CまたはQi規格のワイヤレス充電パッド
・バッテリー節約のための自動オン / オフ機能

イヤホン本体はフル充電の状態で最大6時間使用することができます。そして、それとは別に充電ケースに2回フル充電できる分の電力が蓄えられています。

つまり6時間+12時間=合計18時間の再生が可能です。

ヨッシー
ヨッシー
1日4時間使っても4日以上持つ計算です。

イヤホンの充電が切れたら、充電ケースに2時間入れておくことで再びフル充電の状態になります。

そんなに待てない…
オクサン
オクサン

そんなせっかちさんでも大丈夫。クイック充電機能があるので急ぎの時も安心です。

15分で2時間分の充電をしてくれる、つまり最初の約30%分はたった15分で急速充電してくれます。

充電は充電ケース背面のUSB-Cポートから行います。

充電状況は前面のLEDで表してくれます。

Qi(チー)規格のワイヤレス充電に対応しているので、市販のQi規格ワイヤレス充電パッドを別途用意すれば置くだけ充電が可能です。

操作性

『Bose QuietComfort Earbuds』には物理ボタンがありません。

イヤホン本体のタッチセンサーを様々なジェスチャーで操作します。

ジェスチャー操作

【右耳/ダブルタップ】

音楽の再生・一時停止

着信応答・通話終了

【右耳/長押し】

音声アシスタント(siriなど)の呼び出し

かかってきた電話の拒否

【左耳/ダブルタップ】

あらかじめ登録したノイズキャンセリング3段階の切り替え

【左耳/長押し】

ショートカット機能の呼び出し
※ショートカット機能は「バッテリー残量を音声で確認する」「トラック送り」のどちらかから選択

これを見るとわかるのですが、現状ではイヤホン単体で「ボリューム調整」と「曲を戻す」ジェスチャーがないことがわかります。

僕自身はAirPodsなどを使っている時もポケットにはiPhoneがいつも入っているのでボリューム自体は本体で変更しますし、曲戻しはApple Watchで行えるといえばそうなのですが…

やはりこの点は少し不便に感じます。

ヨッシー
ヨッシー
操作性は少し改善が欲しいと感じました。

今後、アップデートなどでジェスチャーの追加などで対応してくれると良いと思います。

Apple「AirPods Pro」とSONY「WF-1000XM3」との比較

この『Bose QuietComfort Earbuds』はApple『AirPods Pro』とSONY『WF-1000XM3』と比較されることが多いです。

そして「どれを買えばいいのだろう?」と悩む方も多いのではないかと思います。

下の表は僕がワイヤレスイヤホンに求める要素について、主観的ではありますが採点してみました。

特徴は異なりますが、どれも人気なだけあって、高得点です。

BoseAppleSONY
音質534
ノイズ
キャンセリング
543
操作性344
携帯性454
価格345
総合評価202020

正直に感じたまま、点数をつけていったところ、なんと全て総合評価20となってしまいました。

総合評価、全部20じゃ、違いがわからないじゃん…
オクサン
オクサン

ヨッシー
ヨッシー
大丈夫!それぞれの個性は見えているよ!

そうなんです。それぞれのイヤホンの特徴や個性が見えてきたので、どれを買えばいいのか、比較していきましょう!

音質とノイズキャンセリング性能ならBose

今回、比較した3機種の中で、音質とノイズキャンセリング性能が一番高かったのは間違いなくBose QuietComfort Earbudsでした。

Bluetoothイヤホンに音質を求めて、探しているのであれば、Boseを選ぶことをお勧めします。

曲戻しやボリューム調整がイヤホン単体でできないので、操作性は他2機種と比較すると低い点数となります。

携帯性はAppleのAirPods Proと比較すると大きいと感じますが、ワイヤレスイヤホン全般として考えれば特別大きすぎるというわけではありません。

価格としては発売直後、あまり値引きのないBose製品ということを考えるとこの中で一番高価な製品となりました。

ヨッシー
ヨッシー
音質とノイズキャンセリング性能を求めるなら、これがベストバイ!満足度はかなり高いです!

携帯性とノイズキャンセリング性能ならApple

小型で持ち運びやすく、ノイズキャンセリング性能も高いのがAppleのAirPods proです。

市場での人気も高く、iPhoneとの親和性も高いです。

しかし、音質に関しては、この3機種の中では一番低い点数をつけました。Appleは原曲に忠実な音作りを目指していますが、BoseやSONYと比べると「フラット」な音作りで物足りなさを感じてしまいました。

ノイズキャンセリング性能・サイズ・操作性で評価できる製品です。

性能のバランスの良いSONY

SONY『WF-1000XM3』も人気のイヤホンです。

音質もなかなか良いですし、価格もこの3機種の中で現状、一番手頃に買えるモデルです。

ノイズキャンセリング性能こそ3機種の中で一番弱いですが、音質も良く、全体的にバランスの良い仕上がりです。

価格とのバランスでコストパフォーマンスの高い製品になっています。

まとめ

今日は「【Bose QuietComfort Earbuds レビュー】BOSE初のノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホン」について書いてきました。

Bose QuietComfort EarbudsはBoseが満を辞して発売したノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホンです。

発売前から期待が高かった音質も、期待と違わず、非常にレベルの高い製品となっています。

ノイズキャンセリングの性能もかなり高く、『音』の良さを求めるなら、現状、ベストバイの製品といえます。

充電ケースの大きさやイヤホン本体での操作性など多少、物足りない点もありましたが、それを差し引いても余りある音質面でのアドバンテージを感じます。

かなりおすすめのワイヤレスイヤホンです。

以上、ヨッシーでした。

新着記事