Bluetoothスピーカー

【Anker Soundcore Mini 3 レビュー】子どもとお風呂で音楽鑑賞。安くていい音、防水機能もついたBluetoothスピーカー

皆さん、こんにちは。ヨッシー(@papatoko1)です。

我が家の子ども等は時々、お風呂に入るのが面倒くさい時があるようです…

6歳のムスメはみたいテレビからなかなか離れられません。3歳の息子は完全に「気分」です。

パパっ!『有吉の壁』みたいし、面倒だし、今日お風呂入らなくていい?
ムスメ
ムスメ

おふろ、入らないっ(理由は特にない)!
ムスコ
ムスコ

ヨッシー
ヨッシー
う〜ん、お風呂は入ろうよ…

実は家を建てる時に、浴室テレビの設置を検討しました。その時には「家族で会話しながらお風呂に入る」ためにテレビをつけなかったのです。

こうなるとなかなか気持ちがお風呂に向かないようで…説得にも時間がかかります。

もう、入ろうよ…
オクサン
オクサン

何か、お風呂でも楽しめることはないか…そう考えた時に思いついたのが『お風呂でカラオケ大会』です。防水スピーカーがあれば子ども等の好きな歌をお風呂でたくさん聴いて、歌うことができます。

ヨッシー
ヨッシー
これならお風呂にスムーズに向かえるかも!

というわけで、Ankerの『Soundcore Mini 3』という防水スピーカーを購入しました。

3,000円代の価格設定ながら、高い防水性能となかなかの音質を持ったBluetoothスピーカーです。

早速みていきましょう!

↓ タップして読みたい項目へジャンプ ↓

Anker Soundcore Mini 3 概要

外観

外箱はAnkerのSoundcoreシリーズの定番、「ブルー」です。

本体は全体はプラスチックですが、シルバーの天板は金属製です。

手に収まるサイズなので、荷物に入れて持ち歩くのにも便利です。

本体下部のラバー製の部分に操作ボタンが配置されています。向かって左は電源ボタン、マイナスボリュームです。

本体向かって右側にはプラスボリュームとBluetoothボタンです。

ラバーの奥にボタンがあるので、グッと押し込むイメージです。しっかりと防水してくれそうな仕上がりです。

底部には滑り止めのラバーが一面に貼ってあるので、水辺の使用でも心強いですね。

ストラップは本体から固定で生えているので、取り外しはできません。

しっかりとした太めのストラップで耐久性もありそうです。

ヨッシー
ヨッシー
我が家のお風呂で使うとき、防水とはいえ、あまりいじられたくないのでストラップで上から吊るして使っています。

また、ストラップの下にはラバーキャップで覆われたUSB-Cポートがあります。

肉厚のラバーをしっかりとはめ込むので防水性も高いと思います。

同梱物

同梱物はUSB-Cケーブルとはマニュアル類のみのシンプル構成です。

ケーブルはUSB-C to USB-Aですね。

Anker Soundcore Mini 3 スペック

Anker Soundcore Mini 3のスペックは以下の通りです。

  • サイズ:約72 ×72× 84 mm
  • 重量:約230g
  • 防水規格:IPX7(※一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない)
  • 通信方式:Bluetooth 5
  • オーディオ出力:6W
  • 入力:5V = 1A

本体はマグカップよりも小さく、片手でも持ちやすいサイズです。重量も230gと、持ち運びも苦になりません。

防水性能もIPX7とうっかり水に落としても問題ないので、気軽に水辺で使用できます。

バッテリー性能もボリュームの大きさによって差はありますが1回の充電で最大15時間再生可能です。

Anker Soundcore Mini 3 音質

音質については、価格と比較するとかなり満足のいくレベルに感じました。

もちろん数万円するスピーカーと比較すると、パワーや音の表現力は及ばないとは思いますが、この価格で防水性能があるので、かなり満足する事ができました。

AnkerはBluetoothスピーカーやワイヤレスイヤホンに力を入れているので、製品のコストパフォーマンスはかなり高め。

Soundcore独自のBassUpテクノロジーを採用しており、低音をより力強く、より鮮明に響かせてくれます。

音の好みには個人差がありますが、僕個人としては他社の1万円以上するスピーカーにも負けない仕上がりと感じます。

そもそも我が家はお風呂での使用を想定しているので、狭い反響するスペースの中では必要充分な音質です。

防水性能

Anker Soundcore Mini 3』はIPX7という等級の防水性能を持っています。

IPは製品の「防塵防水性能」を示すものです。IPと表記し、は防塵性能、は防水性能を表します。

Anker Soundcore Mini 3』ではIPX7とされています。

Xは「省略」を意味しており、防塵性能については省略しているという意味です。「防塵性能がない」とは別の意味となります。

は防水性能を示す数値で「一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない」ことを示しています。

ヨッシー
ヨッシー
かなり優秀!

間違ってお風呂や川、プールに落としても30分は壊れないということ、多少シャワーで濡れても全然心配はいりませんね。

とは言え、水につけると一時的にスピーカーの穴などに水滴が入って、非常に音がこもってしまいます

もちろん壊れはしませんが、わざわざ水につけることもやめましょう。

アプリ対応で音質をカスタマイズ

Soundcore Mini 3』はAnkerのSoundcoreアプリに対応しています。

そのため、アプリを使って利用シーンや好みに合わせてイコライザーをカスタマイズすることができます。

イコライザーはデフォルトモード、ボイスモード、トレブルブーストモードまたはバランスモードから選択できます。自分の好きな設定にカスタマイズすることもできます。

色々といじることで、自分の好みの音を見つけることができます。

まとめ

今日は「【Anker Soundcore Mini 3 レビュー】子どもとお風呂で音楽鑑賞。安くていい音、防水機能もついたBluetoothスピーカー」について書いてきました。

Anker Soundcore Mini 3は4,000円を切る低価格ながら、IPX7の防水性能を持ったハイコストパフォーマンスなBluetoothスピーカーです。

水に30分浸しても壊れない性能もを持っているので、子どもとの水遊びやお風呂で気兼ねなく使うことができます。

サイズも重量もコンパクトなので、アウトドアなどへの持ち運びも簡単。

アプリに対応しているので、自分好みの音質にカスタマイズできるのも大きな魅力です。

低音がしっかりとしており、音質も良いので、かなりおすすめのBluetoothスピーカーです。

以上、ヨッシーでした。

PAPA-TO-KO
PAPA-TO-KO