男性育休体験記

【男性育休体験記_4日目】泣くので抱っこ、ないもできない

こんにちは。現在、6ヶ月間の育児休業を取得して3児の子育てをしているパパ、ヨッシー(@papatoko1)です。

今日は月曜日。ママは復帰2日目です。

朝から雨で出勤も大変そう。本当ならば車で送ってあげたいけど、子どもたちがいるのでむずかしですね。

朝は大変

どうも新しいリズムに疲れているのか…7時まで寝てしまいました。

オクサンが5時台から元気に起きているムスコ弟を見ながら、出勤準備していました。ごめんなさい。

リズムを整えて、朝、洗濯を回したり、朝ごはんを作りたいと思っています。まぁ、これからです。

僕が起きるとムスコ兄も起きてきました。

出勤するママを見送り、ムスコ兄と僕は朝食を。ちなみにムスメはまだ寝てます。あと2日で小学校も始まるので、今日と明日はゆっくりどうぞ。

ムスコ兄は本当に甘党。朝ご飯は今日も変わらず、頂き物のいちごジャムとオレンジジャムでトースト、フルーツグラノーラ(牛乳いれない)です。

めちゃめちゃジャムのせて、甘そう…

ちなみにフルーツを別皿に選別して食べるのが俺流らしいです。僕としては洗う食器が増えるので嫌です。

ジャム1種類につき、1本のスプーンはいいんです。でもグラノーラはもう使わないジャムのスプーンで食べればいいのに、3本目をとりに行ってました。また洗い物が増えます。

僕は簡単に納豆ご飯です。いただきまーす。すると…

呼ばれました。むむむ…

結局、お膝抱っこで朝食です。興味津々で納豆に手を伸ばします。僕も片手が埋まって茶椀持てず…納豆もムスコ弟の上に落としたらまずいので。

スプーンで食べることにしました。

5ヶ月の子どもと一緒の生活は、基本が大人の思うようなリズム・タイミングで生活はできません。全て同時進行のマルチタスクが求められます。

なんだかんだ4歳のムスコ兄が自分で食べ進めてくれることに助けられています。

同時進行、苦手だけど楽しむことにします。

「きっと何かが起こって、僕の進めたいようにはならないな」と思うようにしていると気が楽です。

雨の月曜日、保育園送迎も大変

1時間後、ムスメが起きてきました。ママはもう出かけてますが、特に気にしていないようです。小学生の適応力ってすごい。

昨日のケンカ多発があったので、今日は雨だけど保育園に行くことに。進級して新しい友だちが入園したようで、会うのを楽しみにしている様子です。

でもおやつ前に迎えにきて欲しいとのこと、了解です。

ムスメ珍しく白米ではなく、シリアルを食べています。こちらは牛乳入れる派。姉弟でも嗜好が全く異なるのはおもしろいです。

ムスメは車に酔うのが嫌で、どんな近場でもなるべく車に乗りたくないのですが、今日は珍しく一緒に行くとのこと。

雨なのに…留守番してくれてたら楽だけど、まぁ、いいや。じゃあ、、少し急いで食べてね。

月曜日は保育園で使うお昼寝タオルや靴など荷物が多いので雨には心を砕かれます。

なんとか出発準備が整ったところで、僕が抱っこしているムスコ弟を見てムスメが「寝てるよー」。朝早かったからか、抱っこしては数分で寝てしまったようです。

車でチャイルドシートに乗せたら起きるかな、泣くかな…と怯えながら、出発です。抱っこ紐も置いてきてしまった。

行きは寝てましたが、保育園で車から降りる時に目を覚ましてしまいました。

今日は布団に降ろせない…

なんとか家に帰り、布団に降ろしますが…

めっちゃ、抱っこ期待してる!

というわけで抱っこ。とりあえず食器洗いをこのまま進めます。

ちなみにムスメは一人で隣のばぁばの家に遊びに行ってしまいました。静かです。

ムスメの小学校が始まると、こんなふうにムスコ弟と2人の時間が増えるんだなあ…と思います。

やはり眠かったのか、お皿を洗っている間にまた眠っています。

掃除しなきゃ、洗濯回さなきゃ…そう思い、頭の中に2択が浮かびます。

①このまま抱っこしたまま、家事をこなす

②布団に降ろし、自由な体で家事をこなす

布団に降ろそうとすると泣いて目覚め、再び寝かさなければなりません。最悪、そのまま寝ないかもしれません…

それでも僕は希望を胸に、2番の「降ろす」を選択しました。

速攻で泣きました…

結局、再び抱っこ紐に入れて寝かしつけました。今日は何度も起こしてしまい、前に進めません。

僕の心は折れてしまいました。僕にできることは起こさないように抱っこし続けること。もう一度起きてしまうリスクを考えると、もはや洗濯や掃除をする勇気はありませんでした。

なので、僕は散らかった部屋の中でソファに寝転がり、起こさないように1時間以上、ただただ時間を過ごすということになりました。

きっとやろうとすれば抱っこしたままできるんです。でも今日は折れました。折角、寝たのに起きてしまうことの恐ろしさ。

ふと気がつくと1時間以上、ムスメが帰ってきません。母(ばぁば)に電話すると、2人でAmazonのプライムビデオで『コウノドリ』を見ていたとのこと。

そんなこんなで見終わったムスメは帰ってきました。

ムスメと過ごすゆったり時間

ムスメが帰ってくると「パパ、UNOしよう」と誘ってくれました。

いつまでもソファにいるわけにも行かず、一緒に楽しむことに。もちろん抱っこしたまま。

4歳のムスコ兄が生まれてからもうすぐ5年。ムスメはずっと「お姉ちゃん」でした。

新生児や乳児に目が行きがちな「育児休業」ですが、上の子たちのために時間が使えることも大切なメリットだと思います。

「昼ごはん、何がいい?」

「シリアル!」

「朝、食べたじゃん。もっと栄養あるものにしな」

「じゃあ、炒飯」

というわけで米好きなムスメと炒飯を作ることに。自分で作るそうなので、ちょっと手伝いますが見守ります。

ネギを切ります。子ども包丁は切りづらく逆に危険な気がします。きちんと切れる包丁で、怖さと正しい使い方を伝えていきたいですね。

ムスメはオクサンのお手伝いで料理をすることがあるので、比較的慣れています。ハンバーグだって1人で作れます。

卵をときます。僕は炒飯にはこだわりがあり、シンプルかつパラパラな炒飯が好きです。本を買って研究もしています。

でも、ムスメは納豆炒飯がすきなので、納豆を入れるそうです。僕としてはパラパラにならないし、邪道かと思うのですが…

なかなか上手ですね。

大成功!大人一人前くらいの量をペロリです。恐るべし米好き小学生の食欲。

僕はパスタを茹でて食べました。

食後、ムスコ弟くんが、目を覚ましました。

今日は朝からタイミングが合わず、あまり保湿できていないので、まずは保湿。

じゃあ、塗りまーす。

逃げまーす。

最近、活発です。よくころころと寝返ります。たまに腕が抜けなくて怒ってます。

最後にミルクを飲んでから4時間経っていたのでミルクを180ml用意しましたが飲んだのは100mlでした。

2日連続のアイスクリーム作り

昨日、ムスメたちと作った手作りのアイスクリーム。ムスメはとても気に入ってばぁばたちに食べさせてあげたいとのこと。

できればオクサンもいる時間帯が良いのですが…根負けして作ることにしました。

隣のばぁばの家で作りましょう!

今日は簡単レシピ。

牛乳100ml、生クリーム100ml、蜂蜜30g、バニラエッセンス数滴をジップロックに入れて…

氷と塩を入れた間に入れて、ふります!

今日はトランポリンで跳ねてふります。

なんか、楽しそう!

出来上がったアイスは昨日よりもさっぱりしていました。

ムスメはママと保育園に行っている弟の分も残しておきたいらしく、半分持ち帰ることになりました。

その後、ムスコを保育園へ迎えに行き、ママが帰ってくるまでポケモンのゲームをして過ごしました。

帰ってきたママは晩御飯の後、「おいしい」とアイスを食べましたが、ムスコ兄は相変わらず…一口食べて残しましたとさ。

明日はムスメの春休みの最終日です。新学期の文具を欲しがっているので一緒に出かけようかな。

以上、ヨッシーでした。

新着記事